“おにのせかい”

節分に向けて、塗り絵やお面を作ったりしている子ども達。

今日は、4歳児クラスの星組さんたちが大きな紙に鬼の顔を描いた後のエピソードです。豆まきの的当て等にどうかと保育者が、その紙を立てかけられるような段ボールを用意すると…

「宙さん(5歳児クラス)をおどろかすんだ」と

段ボールに貼り、鬼の顔の上には“おにのせかい”と書いて看板を作り、

玄関や階段に立てかけていました。

それを見つけた子ども達は

「おにのせかいだって!」

「わぁーおにだ!」

「こわーい」

と色んな反応をしていました。

絵を描いてから“おにのせかい”の看板に発展するなんて本当に子どもの発想はおもしろいですね。

保育士 高伊

関連記事

PAGE TOP