むかしばなし

今日は、幼児クラスで保育者が“桃太郎”の絵本やペープサートを行うと、

多くの子ども達が興味を持ったようで、

「ぼくもやる」「わたしもやる」

と絵本を読む人、演じる人、観客になる人など、

異年齢のお友だちと交じりながら自由に自分の場所を決めて遊んでいました。

一つのお話を観る・聞くだけではなく、

演じてみたりできることで違って感じることがあったり、

より興味や関心が高まってくれていると良いです。

保育士 高伊

関連記事

PAGE TOP