自分たちの遊び場

保育園では、子どもたちと相談しながら園庭の整備をしています。

今日は水溜まりをなくせるように土や砂を入れました。水溜まりではたくさんの水遊びを楽しんできた半面、鬼ごっこやリレーなどを楽しむスペースまでなくなっていました。

「俺たち力があるから、せんせーは手伝わなくていいよ」そんな頼もしい言葉と共に、楽しみながら土を運ぶ子どもたち。

一輪車やタライに土を入れる役、運ぶ役、タイヤを外す役…子どもたちには自然と役割ができ、協力する姿も見られます。

次は、丸太を使って自転車のコースを考え中。

自分たちの想いを一つ一つ形にしていくことで、園庭が「自分たちの遊び場」に変わっていきます。

保育士 渡邉

関連記事

PAGE TOP